2012年05月04日

アリスターオーフレイム

アリスターオーフレイムがドーピング違反で UFC 146のメインイベントから 外され、9ヶ月の出場停止になった。 PRIDEではミドル級 (UFCのライトヘビー級)で戦っていたのが 信じられないぐらいの体の大きさだから、前からドーピングを疑う声は あったが、一方 Strikeforceでいままで戦っていた訳で、 Strikeforceは開催州のアスレチックコミッションの検査を 受けなくていい訳ではあるまい?

Alistair Overeem sidelined for 2012 after licence denial を読むと医者に1月と3月に打ってもらった注射にステロイドが入って いたらしい。医者がそのことを教えたか教えなかったか 記憶にないというが、本当ならば医者が出場停止に対して UFCからも オーフレイムからもものすごい額の訴訟を起こされてもおかしくない。 ちょっと信ぴょう性が「?」。 ドーピング違反の検査は検出率が低いので、バレるリスクを覚悟で 打っていた、という可能性もあるのか??

posted by oi at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | UFC

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック