2015年04月30日

Jon Jones タイトル剥奪&出場停止

ライトヘビー級で無敵だった Jon Jonesがタイトル剥奪の上、無期限出場停止で UFC187のカードからも外された。

自動車事故を起こして、その場から逃走。 しかも一度は現場に戻って、車内からカネをもって再度逃走。 さらに車内からはマリファナと吸引器具も発見。

こないだはコカイン使用がみつかって $25000の罰金と、とりあえず 1日だけ更生施設にはいって「デモンストレーション」をしたが、こんな 結果に。やったことを考えれば処分は当然だけど、無敵のまま下手すりゃ引退だが、 これじゃ次に誰がチャンピオンになっても (アンソニー・ジョンソンか ダニエル・コーミエなわけだが) 「Jon Jonesを破ったわけではない」という 注釈がつく。かといって無理やり試合をさせるのがたとえ可能だったとしても、 勝っても負けても納得はいかず。

ルールやその運用が適切でも、そのシステムの対象者 (? 参加者?)がその意図に したがって行動しなければどうしようもないという典型的な例。

UFC Statement on Jon Jones

posted by oi at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | UFC

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック