2017年09月04日

高山善廣

三沢光晴の事故死もショックだったが、こちらはある意味でそれ以上。 体力、技術、センスを危険さで補おうとする未熟なレスラーではないけれど、 体型やこれまでのダメージを考えると、本当に運の悪い事故だったのか? という考えもよぎる。特にドンフライ戦でついたイメージをファンに期待されて 本人もそれに応えるという状況でリスクがましてしまったのではなかろうか? 単純に年齢やワザの形態で一律に規制するのは無意味だけど なんか防止する手段はないのか?とも思ってしまう。

高山善広、首から下が動かない重傷 ブログで明かす

posted by oi at 23:04 | Comment(0) | MISC

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。