2007年12月03日

カード関係

石田光洋

TAGG Radio の "Latest News" によると
December 1st TAGG RADIO sponsored fighter, Gilbert Melendez, will be fighting Mitsuhiro Ishida on New Year's Eve (12.31.07) in Japan.
契約のしばりもなさそうだし、ヒョードルみたいにギャラが めちゃ高とかいうこともないし、ヒョードルvsホンマンみたいに カード自体に「?」つきまくりでもない、実現の可能性が高そうで カード自体にも首肯できる。

クートゥア

UFCと完全決別みたいな話をいくつか目にして、「末端」と いっていいような日刊スポーツにも 元王者クートゥアがUFC社長と決裂 なんて記事がでている。 少し検索すると Dana White Speaks: Couture’s Possible Return and The Unlikely Fedor-Couture Rumors なんて記事がでてきたが、後半は例えば M-1 Globalから ヒョードルを「レンタル」して組むのも不可能じゃないかも しれないがアメリカでそんなに人気があるわけじゃない ヒョードルだからそんなに無理してまで組まない、とかいうような 話がでているような出てないような。

同じような論法で「こないだまでUFCに出ていたクートゥアと 何年も遠ざかっているバーネットだったら前者の方がアメリカ市場 では価値がある。だから M-1 Globalが温存したいのは前者と ヒョードルのカードで、後者とヒョードルのカードが 『やれんのか』で実現する方がより可能性がある」と いえなくもない。でもまぁ相対的に可能性が高くても結局は低い。 「今は大晦日の事しか考えていない」 会見終了後の選手および関係者達のコメント

笹原 いえ、なんにも決まってないです。早ければ来週にヒョードルのカードも含めて発表できると思いますけど。対戦カードに関してはまだ何も決まってないです。
だったが結局ヒョードルに関しては先週発表なし。 ホンマンだとするとやはり負傷の可能性を考慮して12月8日以降 ということになるのか。

PRIDEのテーマ

当然PRIDEという名称は使えないが、テーマ曲はどうなのか? という疑問に対して やれんのかBBS [139] あのテーマ曲をもう1度! 「みけ。」「モ」両氏の書き込みによると曲自体の著作権は 未だ作曲者高梨康治氏にあり、曲名にPRIDEと入っている からといって著作権者の許可があるのに使えない、ということは ないらしい。となると、あえて使わないのか、それとも当日まで 使わずにおいて一気に、という意図か?

MISC

【DEEP X】これが柔術世界王者の実力!長谷川が大差で敗北、アマゾンがバレット破る で「ミソ」がついてしまった。吉田は動きなし(?)。
posted by oi at 10:56 | Comment(25) | TrackBack(0) | やれんのか!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック